cell
cell 1
cell 2
cell 3
cell 4
cell 5
cell 6
cell 7
cell 8

この作品は大きく分けて二つの観点から成り立っています。一つ目は生物を構成する最小単位の「セル」。すべての生物の最も小さい単位の状態がこの「セル」であり、ここから全ての生き物は始まる、いわば原点です。そしてもう一方は病原体の「セル(細胞)」です。がん細胞、HIVウィルス、白血病、骨粗鬆症、膵臓がん、胸部がん、肝硬変。これらの病原細胞を顕微鏡で見た時、映し出されるのは実はこのような非常に美しいデザインでした。しかしそれは人間の体を蝕み死に至らせる恐ろしい病原体の形です。父を肺がんで亡くし、その死体を目の前にしながら、いつものように寝ているのか、死体なのか、ただ静止した生物なのかを実感できず、ただ戸惑っていた作者の個人的な死の記憶を元に創られています。がん細胞に蝕まれ亡くなった父は何より美しく神聖な存在であり、またそれを客観的に見つめる自身に驚いていました。

The background displays deadly HIV, cancerous cell, leukemia cell, sickle cell, liver fluke and osteoporosis growing and multiplying in their microscopic world. The vivid color shows strong energy. Such disease cells have the ability to debilitate a human being however we can find beauty even in such a morbid environment. This works are based on my memory of father passed away by lung cancer. When I was standing in front of dead body lied down of him, could not realize it was sleeping or dead, just I was in loss, the dead body was just sacred existence of silent with dignity.

JP / EN