Untitled
Untitled 1
Untitled 2
Untitled 3

ベースの写真は、インド人のアーティスト、サンジャイ・シン氏撮影のものです。彼の作品と自分の作品を組み合わせ「因習からなる錯覚だらけの世界を越えて、現実にたどり着くこと」を共通のコンセプトとし、異質な世界観を作ることが重要です。写真は色味を最低限に抑えモノクロに近づけていますが、対象物のポートレイトを表現として直接差し出すものではなく、むしろ現実から抽象されたものであり、グレイトーンの中の陰影で表象することにより、写真の持つ現実的な視点をより引き出し、解釈的な表現でリアルさを排除し、どこか夢うつつの様な世界を作りだしています。そのモノクロの形体の上に、新聞や雑誌、インターネットから撮ってき写真をコラージュし、アクリルドローイングで細部を描き込む、強い色彩の有機的な塊をぺったりと乗せる。彼の作り出す少し神聖な「涅槃」の様なイメージに私の騒々しさ、激しさ、俗っぽさを組み込み、より対照的なイメージを浮き上がらせます。

I collaborated with 3D artist Sanjay Singh’s portrait photography work which it is based on. My drawing and collage are added to his work, creating a new concept beyond conventional imagination. Our common concept is "To reach out to the reality across the world which is full of illusions consisting of the conventional". The color palette of his photographs is brought to a minimum and the near monochromatic look helps emphasize the realistic expressions and create a world that seems to fall into a trance. The material for the collage has been taken from newspapers, magazines, the Internet, and supplemented by painting the organic lump shape and details with strong acrylic colors on the monochromatic photography. By incorporating coarseness in an image such as "Nirvana" tinged with sacred God that Sanjay creates, will create a contrastive image.

JP / EN